今日という日が最後なら、


八丈島で双子の姉妹が生まれる。舞子と聖子。しかし母親の裕子は、体の弱い舞子を残し、聖子を連れて島を出て行く・・・。それから20年後、祖母によって自由奔放に育てられた舞子は、「八丈祭」を企画し、寂れつつある島を盛り上げようとしていた。祭の直前、何故か舞子は「今日という日が最後なら、何をしたいか考えました」と書いた置き手紙を祖母に残し、姿を消す…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「今日という日が最後なら、」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 今日という日が最後なら、 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「今日という日が最後なら、」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 今日という日が最後なら、 関連商品