体育館ベイビー


競泳部、夏のインターハイ予選。エースだった高校3年の柴原潤は、ライバルの村井直樹に敗北。競泳部の監督で、実の父親でもある保には、水泳より受験勉強に専念しろと言われた。そんな時、落ち込んでいる潤に村井はコーチを頼む。潤は村井につきっきりで泳ぎを教え、村井はそれを心から嬉しく思っていた。村井はインターハイに潤が来れば決勝まで残れると告げるが、潤は自身の受験を優先した。ある日、潤が部活に来ないのを理由に自分も辞めると言い出した村井。その夜、彼の待つプールへ駆けつける潤は村井に唇を奪われた。インターハイ当日、潤は幼馴染の加藤翔一に男同士の恋愛について聞き、村井からキスされたことを打ち明ける…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「体育館ベイビー」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 体育館ベイビー 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「体育館ベイビー」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 体育館ベイビー 関連商品