伊藤の話


熊谷の女子高で教鞭をとっていた伊藤則資は、執筆した書籍のヒットにより八戸大学の教授へと昇格する。八戸に着いた日、助手である寺島は町を案内することに。すると、前任の教授が突如失踪。失踪の鍵を握る女性が久慈市の琥珀館にいることがわかり、そこに伊藤が出向くが、状況はわからない。帰り際、時代錯誤な言葉を話す少年に出会い、伊藤は少年に導かれる様に屋敷へと向かう。そこには、先ほどの琥珀館の女性がいた…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「伊藤の話」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 伊藤の話 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「伊藤の話」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 伊藤の話 関連商品