砂時計


14歳の水瀬杏は母・美和子と父・正弘の離婚により母の実家・島根県に東京から移り住むことになった。当初は田舎独特の雰囲気と祖母・美佐代に馴染めなかった杏だったが、近所に住む同い年の大悟や藤、藤の妹・椎香たちと出会い、少しずつ自分の居場所を見つけることができた。そんな中、人生に疲れ果ててしまった母・美和子が杏を残して自殺してしまう。悲しみと後悔に暮れる杏を大悟は「おれが、ずっと一緒におっちゃるけん」と力強く
抱きしめるのだった…



©2008 映画「砂時計」製作委員会


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「砂時計」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 砂時計 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「砂時計」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 砂時計 関連商品