22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語


福岡市の商社に務める川野俊郎は1960年代生まれの44歳。社内には煮え切らない関係を続ける37歳の有美がいるが、お互いに一歩を踏み出す勇気はない。ある日、ずぶ濡れで駆け込んだコンビニのレジで「22才の別れ」を口ずさむ少女、花鈴に出逢うふとしたことから親しくなった俊郎はコンビニを辞めた花鈴にいきなり「援交してくれ」と言われ戸惑うが、なにか不思議な縁を感じ、放っておくことができず家に招きいれる。しかし花鈴の身上を聞いた俊郎は信じられない事実に衝撃を受ける…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

第19回東京国際映画祭で鑑賞しました。当日は大林宣彦監督、筧利夫さん、清水美砂さん、鈴木聖奈さん、中村美玲さん、長門裕之さん、そして伊勢正三さんなどの…
やっぱり邦画好き…の感想を見る




「22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語」感想・コメント



One thought on “22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語

  1. 万田海斗 さま

    人が暖かいのは、ひととひとをつなぐ絆が熱いから

    農業がメインで、自然が神だった昭和の頃

    冷たい機械に取って置きにされ
    それも油で流された我ら

    今こそ気づこう
    有機質の中で
    人間は
    ぬくもりを燃やして生きるのが幸せだと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語 関連商品