沈まぬ太陽


昭和30年代―。巨大企業・国民航空社員の労働組合委員長、恩地元。組合委員長として職場環境の改善に取り組んだ結果、恩地を待っていたのは会社からの海外赴任命令だった



©2009「沈まぬ太陽」製作委員会


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「沈まぬ太陽」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 沈まぬ太陽 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「沈まぬ太陽」感想・コメント



3 thoughts on “沈まぬ太陽

  1. 万田海斗 さま

    過去をふまえて人は賢くなる
    出来るだけ多くの目で真剣に取り組む人生生活であるべく
    バブルとその前の不動の長い退屈の時代を断ち切る大きな痛手の紹介

    どうすればいいか
    事が起こる前に分かれば楽だが
    情報は出来るだけ早く周知徹底させ
    人智の賢さに期待する来世紀

  2. K さま

    これをきっかけに労働問題に世間の目が向き
    労働組合が見直される機会になればと思って
    います。

    キリの無い長時間労働からの過労死や過労自殺
    がたえないこの国を考えることは重要です。

    この国の労働者は住む場所も選べず、体を壊す
    か、死ぬまで働き続けているのです。

  3. ゆったん さま

    面白かったので、映画を観終わった後に原作の本を買いました。
    ただ原作が長編大作であるため、3時間半という長い映画になってしまった割には、後半が作り急ぎすぎているような感じを受けてしまう。
    原作者の希望で一本の映画にしたようだが、脚本家のイメージ通り、二部構成にした方がよかったのではないかと思いました。
    ただ、渡辺謙さんの存在感はやっぱりさすがでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 沈まぬ太陽 関連商品