笑う警官


女性警官殺害の容疑で同僚警官が指名手配された。さらに異例の射殺命令までも。時を同じく、この事件に疑惑を抱いた所轄の警部補・佐伯は信頼する仲間と共に秘密裏に捜査を開始。捜査が進むにつれ浮かび上がる、警察内部の闇。事件解決までに残された時間はわずか15時間。警官VS警察組織、一夜限りの攻防戦が幕を明ける…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「笑う警官」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 笑う警官 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「笑う警官」感想・コメント



One thought on “笑う警官

  1. 木本誠之助 さま

    映画館で見れなかったので、遅まきながらDVDを借りてみました。
    しかし楽しみにしていたのに、これほど原作をずたずたに改悪した映画はありません。
    これでは映画を見て、原作を読もうとする人はいなくなるでしょう。
    タイムリミットがあるのに、出演者の緊迫感の無い行動には、ほとほと苛立ちました。
    いまどき角川監督はダメでしょう。今まで何本か映画を撮っていますが、すべて駄作です。
    宣伝にだまされて来た、自分も自分ですが。
    自分で自分のことが分かっていない人なんですね。
    まして脚本も自分で書いてしまうなんて愚の骨頂です。
    もしかして、脚本がよければもう少しましな映画になっていたかな?
    ラストシーンは、角川監督特有の示唆があったのでしょうが、何とかラストまで
    我慢して見てきたのに、余計に見たことを後悔させる映画になってしまいました。
    何故、この映画を原作者がほめるようなコメントを載せているのか分かりません。
    映画と原作は違う、また営業的なこともあるんでしょうが、自分の作品をこれほど改悪されたら、
    文句のひとつも言ってほしいですね。
    佐々木穣のファンが憤っているのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 笑う警官 関連商品