ワカラナイ


これまで『バッシング』で女性から見た日本を、『愛の予感』で親から見た日本を描き、世界の映画祭で高い評価を受けてきた小林監督。本作『ワカラナイ』では、少年から見た現代(いま)の日本を描く。母子家庭の少年「亮」は、母親を病気で亡くし、医療費も葬儀代も払えなくなる。そして自分自身を食べさせる事さえ困難な貧困の中を、生きていくしかない現実と向き合う。ただ普通に生きていくことすら、難しい。カメラはそんな少年の行動の全てを観察するように、そして時には見守るように、ドキュメンタリー映画のような距離を保ちながらとらえていく…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「ワカラナイ」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 ワカラナイ 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「ワカラナイ」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 ワカラナイ 関連商品