黄金花?秘すれば花、死すれば蝶?


老人ホーム「浴陽荘」。そこには植物学者の牧草太郎博士をはじめ、物理学者、役者、自称映画女優、バーのママ、板前、質屋、などなど、多くの孤独な老人たちが身を寄せている。老人たちは、死への恐れに打ち震えながら、それぞれが作り上げた物語のなかで、嘘とも本当ともつかぬ奇妙で不思議な日々を送っていた。牧博士は人生の大半を植物学の研究に費やし、遊びも、酒も、女も、俗世間の全てを顧みずに生きてきた。そうして迎えた80歳の誕生日、職員の青年と森に出かける。その折、些細な青年の嘘によって小さな泉に辿り着き、光り輝く妖しい花・黄金花を見てしまう…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「黄金花?秘すれば花、死すれば蝶?」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 黄金花?秘すれば花、死すれば蝶? 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「黄金花?秘すれば花、死すれば蝶?」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 黄金花?秘すれば花、死すれば蝶? 関連商品