泣きながら生きて


1996年、東京。丁尚彪(ていしょうひょう)は、7年前に妻と娘を上海に残して来日して以来、一度も中国に戻ることなく日本で働き続けてきた。早朝からいくつもの職をかけもちし、深夜に安アパートに戻り日本語の勉強をする毎日。稼いだお金はすべて妻子に送金してきた。彼を支えているのは、「娘に一流の教育を受けさせたい」という強い思い。学びたくても学ぶことのできない厳しい時代に育った彼は、次の世代へと夢を託したのだ…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「泣きながら生きて」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 泣きながら生きて 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「泣きながら生きて」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 泣きながら生きて 関連商品