歓喜の歌


舞台はとある地方都市、暮れも押し迫った12月30日。町の文化会館で働く飯塚主任は、自分がとんでもないミスを犯したことに気が付いた。「みたまレディースコーラス」と「みたま町コーラスガールズ」。まぎらわしいグループ名を電話で聞き違えて、何と大晦日のコンサートホールをダブルブッキングしてしまったのだ…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「歓喜の歌」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 歓喜の歌 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「歓喜の歌」感想・コメント



One thought on “歓喜の歌

  1. 原作の面白さ、そして安定感を感じる演出の素晴らしさ、それを実現するキャスト方々の素晴らしさ等とてもバランスの良い作品だと思います。前作の「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のような懐深さは感じませんが、とにかく観ていて気持ちが良かったです。物語にはリアリティはありませんが、観終えた時には幸せを感じる映画でした。

    キャストの方々もとにかく楽しませてくれます。ひさしぶりスクリーンに戻ってきた安田成美さんはとてもキュートですし、コーラスの由紀さおりさんや他の方々の歌声も素晴らしいです。そして松岡監督の過去の作品をご覧になられている方には、うれしくなるような顔ぶれも楽しみの一つです。その中でもみたま文化会館の主任を演じた小林薫さんの演技は見事でした。

    多少、見る世代によって楽しめる度合いは異なると思いますが、全体的に強烈なパンチはありませんが、ほどよい登場人物たちの絡みが笑いを誘い、美しいコーラスと人々の優しさ温かさを味わえた映画でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 歓喜の歌 関連商品