さよなら、クロ ?世界一幸せな犬の物語?


秋津高校に迷い込んだ一匹の犬。文化祭の当日に起きた悲劇を救ったのはその犬だった!亮介のクラスの出し物、西郷隆盛の犬役にひっぱり出され、クロと名づけられたその犬はそのまま学校に住みついてしまった。クロは学校を自由に闊歩した。3年生の亮介と孝二は無二のの親友で雪子をめぐるライバルでもあった…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「さよなら、クロ ?世界一幸せな犬の物語?」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 さよなら、クロ ?世界一幸せな犬の物語? 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「さよなら、クロ ?世界一幸せな犬の物語?」感想・コメント



One thought on “さよなら、クロ ?世界一幸せな犬の物語?

  1. さよなら、クロは1961年から長野県の松本深志高校に実在した犬の話で、職員名簿にも
    番犬として記載されていたということです。メス犬です。

    松岡監督の作品はどれを見ても嫌味無く、そしてさりげないのがとてもイイですね。いい意味で肩に力が入っていない。キャストの方々の演技も力が入っていなくていいです。
    そして、この犬であるクロの演技も、特に派手な演技は無く、とてもさりげくて見ていてとても可愛いです。このクロは介護犬でも盲導犬でもなく、ごく普通の学校に住み着いたごく普通の犬。学生たちの派手さの無い物語と、ごく普通の犬の物語なので、面白みに欠けるとは思うのですが、そこはさすが松岡監督作品だけあって、優しさ溢れる作品になっていて何度見ても飽きません。もちろん他の作品もですが(^^)

    クロの存在が学生たちの心を癒したり、人生への影響も及ぼしたり、ちっぽけな存在だけど人へ大きな影響を及ぼす、、そんなクロと人間達のふれあいが描かれている作品だと思います。 クロの演技も可愛くて良いですが、犬嫌いの先生役の塩見さんがいいです(笑)

    そしてこの映画の主題歌「青春の影」がとてもなつかしくて忘れていた過去を思い
    ださせてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 さよなら、クロ ?世界一幸せな犬の物語? 関連商品