あおげば尊し


父がもうすぐ、いなくなる。この世から、消える。家族で最期を看取るため、自宅での介護を決めた。一生教師だった父。でも、誰よりも頑固で厳しい教師だった父を見舞いに来る教え子なんて、ひとりもいない。「おじいちゃんを見舞い来る人って、なんでいないんだろう?」息子の問いに、僕は曖昧な返事をかえすだけ。日々介護をする妻は「もう、なんにも、できないの」と、溜め息を吐く。父は本当にこのまま死んでゆくのだろうか。僕ら家族にできることは、本当にもうないのか…。そして、僕が教える小学生たちは、死の意味が分からない。インターネットの死体写真。斎場への寄り道。けれど、「どうしてしたいを見ちゃいけないの?」という彼らの問いに、僕は何も答えることができないでいる…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「あおげば尊し」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 あおげば尊し 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「あおげば尊し」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 あおげば尊し 関連商品