ルート225


私はエリ子。中学2年生。ある日、ママから頼まれて帰りの遅い弟・ダイゴの迎えに行った。一つ年下のダイゴは隣町の公園のブランコでブラブラと揺れていた。その上、なぜかランニング姿。「帰るよ。早くシャツ着な」「ていうかさぁ、まずいんだよね」と鞄の中から小さくたたまれたシャツを出して広げるダイゴ。その背中には黒マジックで大きく『ダイオキシン8倍』と書かれていた。「別にイジメじゃないんだよ。でもママが大騒ぎするって思ったら、帰るの面倒臭くなっちゃって」と必死で言い訳するダイゴ。そんな情けなくもイジラシイ弟をからかいながらの帰り道。なんだかビミョーに風景が違うような…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「ルート225」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 ルート225 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「ルート225」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 ルート225 関連商品