ミラクルバナナ


大使館の派遣員としてハイチ共和国に赴任した三島幸子、24歳。カリブのハイチ共和国は西半球の最貧国といわれている。政治が不安定なため生活基盤も整わず、国民は貧困にあえいでいる。そんなハイチにも日本の大使館は存在する。ただし、その規模は小さく、臨時代理大使をはじめとする4名の日本人スタッフと数人の現地スタッフで、全ての公務がまかなわれている。2年間の限定採用で派遣された幸子といえでも、大使館員として多くの職務をこなさなければならない。小学校の調査の帰りに車が故障したことから、幸子はジャックという少年に出会う…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「ミラクルバナナ」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 ミラクルバナナ 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「ミラクルバナナ」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 ミラクルバナナ 関連商品