武士の一分


三村新之丞は最愛の妻、加世とつつましく暮らす、海坂藩の下級武士。「早めに隠居して、子供がたに剣を教えたい」、見果てぬ夢を語りながらも笑いの絶えない新之丞の平和な日々は、藩主の毒見役をつとめて失明した日から暗転する。そんな彼をさらに絶望の淵に追い詰めたのは、妻への疑惑。言葉巧みに言い寄る上士、島田藤弥が仕掛けた罠に加世は落ちたのだった…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「武士の一分」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 武士の一分 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「武士の一分」感想・コメント



2 thoughts on “武士の一分

  1. 万田海斗 さま

    ためこむ気持ちが大事なのねーーーーー


    やなことも あって、 広く 大きい 人生・・・禍は、福の種

    逆境には、めそめそ するな
    大胆に切り込んだ方が、運が あがる ぜよ

    来年は 竜馬のドラマ も 始まるし
    男性的に おおらかに 切り込んで ゆこう


    感情は いつもは、深く静まっている
    怒り、くやしさ、は、気持ちの心配事のある 場所を教える、目印 となる

    火花が散ったとき、そこに ちからの沸く、根元が ある

    だれしも、逆境 あってこその 人生だ

    悲しい詩を書いて、喜ぶも いい
    嬉しい話をして、悲しむ のも いい

    聞いた?

    昔の人の渋さも、たまには 思い出せ

    うれしいことは そう言わない

    燃えることは、表だって ことさら言わず、 うちに ふつふつ秘めて、 消えないように、 胸を そっとして おいて
    じっとためよう

    中で 燃える
    そのほうが大切に思える


    動物の心は動く
    気まぐれ
    約束は出来ない

    でも、人間は、ためこむパワーがあり、これはエネルギー倍増だ

    気持ちの共感は、パワフル
    限界を打破できるし、生き抜ける、もと

    運命は、理路整然
    人間の、理屈の知恵をしのぐ

    自然は こわいもの
    締めて かかれ!


    闘い・半分、
    運命は、
    自然の成り行き任せ・半分

    じたばたしても しょうがない

  2. 万田海斗 さま

    渋めの白黒世界の古い体質の中
    時代を思わせる、男の義理の世界

    内面が描かれた

    くやしい思いをどう晴らすかのサスペンス

    長い時間で燃えたぎった、目を失った主人公のクールげな正義が眩しい

    女性の添い遂げる気持ちが哀れで不憫で
    泣ける詩を秋の落ち葉が隠す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 武士の一分 関連商品