手のひらの幸せ


早くに母を亡くし、出稼ぎ中の父に代わって祖父に育てられた健一と龍二。健一が6歳、龍二が4歳のときにその祖父も亡くなり、天涯孤独となった二人は、父がいつか迎えに来るのを信じながら、児童養護施設に預けられる。やがて弟の龍二は印刷所を営む夫婦の養子として迎えられ、幼い兄弟は離れ離れに暮らすことになる。そんな二人が会えるのは、年に1度の夏祭りの日。高校卒業を控えた龍二は、都会に出て大工の見習いとなった健一に、養父母の希望でもある大学に行くことを約束する。しかし、それが元気な兄に会う最後になるとは、誰も予想していなかった…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「手のひらの幸せ」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 手のひらの幸せ 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「手のひらの幸せ」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 手のひらの幸せ 関連商品