誘拐ラプソディー


伊達秀吉、38歳。金なし、家なし、仕事なし。あるのは借金と前科だけ。とことんツキに見放され、生きることに嫌気が差し、ついに死を決意したそのとき、目の前に人生最後のチャンスが訪れる、家出少年・伝助が現れたのだ。「大金を手に入れるなら誘拐がいちばん」刑務所時代に耳にした言葉が頭をよぎった秀吉は、一発逆転に賭け伝助を連れ去る。身代要求、受け渡しと行き当たりばったりとは思えないくらい事は順調に進み、完全犯罪成立かと思われた瞬間、伝助のとんでもない正体が明らかに…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「誘拐ラプソディー」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 誘拐ラプソディー 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「誘拐ラプソディー」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 誘拐ラプソディー 関連商品