掌の小説


路地裏のアパートにある若い夫婦が暮らしていた。夫は売れない作家。病の床に臥している妻は自分の死期が近いと感じているのか夜毎「足が淋しい」と呟きその細くなった白い足を擦らせていた。「桜が見たい」という妻のために男は桜が咲き誇る裏山へと向かう(笑わぬ男より)…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「掌の小説」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 掌の小説 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「掌の小説」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 掌の小説 関連商品