必死剣 鳥刺し


時は江戸。東北は海坂藩の近習頭取・兼見三左エ門には、消そうにも消せない過去があった。物頭をつとめていた三年前、藩主・右京太夫の愛妾・連子を城中で刺し殺したのだった。最愛の妻・睦江を病で喪った三左ェ門にとって、失政の元凶である連子刺殺は死に場所を求めた武士の意地でもあった。が、意外にも寛大な処分が下され、一年の閉門後、再び藩主の傍に仕えることになる…



©2010「必死剣鳥刺し」製作委員会

詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「必死剣 鳥刺し」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 必死剣 鳥刺し 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「必死剣 鳥刺し」感想・コメント



One thought on “必死剣 鳥刺し

  1. デブチン さま

    家族揃って、観てきました。
    NHKラジオで、浜村淳さんが、それはもう素敵な解説をされ、みないではおられません。
    江戸時代、武士とは言え、生涯固定していた禄の元では、こんなふうだったのではないかと想像を掻き立てられる、内容でした。
    出世するには、娘を奥に上げるとか、死を覚悟で剣術指南役になるとかくらいでしょうか。
    小生、剣道はまだ四段で深いところはわかりませんが、狭い室内での斬りあいには、小刀が有利なのは知っていましたが、実によく、描かれています。居合いなどたしなむ方にも必見ではないでしょうか?
    ロングでひいた絵がじつに素晴らしい。
    人の営みはいろいろあるが、自然はいつも変わらず悠々と流れているというメッセージがこめられているのでしょうか、最後も素晴らしい絵でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 必死剣 鳥刺し 関連商品