ケンタとジュンとカヨちゃんの国


“何にも属していない人間が旅に出たらどこへ行き、何が起きるか”――自らが自動書記のように書き上げた脚本を元に、大森監督は生きるすべのない若者たちを過酷な社会へと無惨にも放り投げ、その行く末を追うようにしてカメラに納める。描かれているものは、時代が生んだ若者たちのやり場の無い怒りや衝動であり、現実の社会だ。初監督作『ゲルマニウムの夜』で世界へ飛び立った大森立嗣は、本作でその「生と死」に対する考察のスケールを更に広げ、ベルリン映画祭への正式出品も決定した…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 ケンタとジュンとカヨちゃんの国 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 ケンタとジュンとカヨちゃんの国 関連商品