雷桜


誰も近づいてはならない。そう言い伝えられていた山の中腹に、一本の樹があった。雷に打たれ根元から折れた銀杏に桜が芽をつけた巨樹。その美しくも奇妙な樹の下で、二つの運命(さだめ)が、重なる。将軍家に生まれ、心に病を男・斉道(なりみち)。山で育てられた自由奔放な女・雷(らい)。それは、決して出会うはずのない二人だった…



©2010「雷桜」製作委員会


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「雷桜」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 雷桜 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「雷桜」感想・コメント



2 thoughts on “雷桜

  1. ミッチー さま

    特に主演女優の蒼井優さんの体当たりの演技には、泣かされてしまいました。映画を2回も観てしまいました。脇を固める俳優さんたちも、非常に良かったです。雷の育ての親である時任三郎さん、実の母親役の宮崎美子さん、斉道役の斉藤将生さん。(おっと、この方は主演男優でありました。)お側用人の柄本明さん、1番の側近であり雷のあにでもある小出恵介さんと、挙げ出したらキリがありません。
    DVD化されたら、必ず買おうと思っています。原作本も買いましたが、未だ読めてません。この映画は日本を飛び出して、海外まで行く映画だと思っています。

  2. marin♪ さま

    今日見ました! 本当に素敵な映画でした^^
    何度も涙が出てしまうほど、映画の世界に浸り、見終わった後も素敵な余韻が残りました。
    作品も素晴らしいですが、配役が最高に合っていました。主演の2人はもちろんのこと、周りの役者さん達もとても良かったです。このメンバーでまた次回作を期待しています♪ 岡田くん、優ちゃん、これからも頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 雷桜 関連商品