精神


外来の精神科診療所「こらーる岡山」に集う様々な患者たち。病気に苦しみ自殺未遂を繰り返す人もいれば、病気とつきあいながら、哲学や信仰、芸術を深めていく人もいる。涙あり、笑いあり、母がいて、子がいて、孤独と出会いがある。そこに社会の縮図が見える…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available
トラックバックURL ※詳細情報ページへのTBとなります




「精神」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 精神 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「精神」感想・コメント



One thought on “精神

  1. 万田海斗 さま

    原因が突き詰められない
    脳か社会の一端
    考えるばかりの仕事に尽きる現代社会
    感情は放り投げられた悲しい過去

    製造業大国の歴史をふまえ

    これから」どこへゆく日本?

    病気から学ばずどこから学ぶ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 精神 関連商品