闇の子供たち


人はお金では買えない。しかし人間の傲慢さと欲望の代償として、幼児売買、臓器密売など、罪のない幼い子供たちが安易に金銭取引されている。タイ在住の新聞記者・南部は、NGO職員・音羽とフリーカメラマン・与田の協力を得て取材を開始する。横行するタイの「闇」。しかし、事実を暴き、虐げられる「闇の子供たち」を救おうともがくほどに、残酷な現実が立ちはだかるのだった…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

江口洋介さんの最近の出演作にあまり良い印象がありませんでしたが、ひさしぶりに良い作品に出演したなと思える映画でした。映画「闇の子供たち」ですが…
やっぱり邦画好き…の感想を見る




「闇の子供たち」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 闇の子供たち 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「闇の子供たち」感想・コメント



One thought on “闇の子供たち

  1. 高木朗 さま

    闇の子供たちは、前から見てみたいと思ってた映画だった。私は今以前勤務してた会社が会社都合により、昨年3月末に退職して以来約1年3ヵ月無職で日々就活中の毎日を送っているが、私の記憶では以前私が清掃の仕事を会社から出向してやってた出向先の外務省の掲示板でこの「闇の子供たち」の映画の宣伝ポスターを見かけて以来、何故だかこの映画にとりつかれてしまった。はっきり言って今まで自称映画通を自認する私が見てもお世辞にもハッピーエンドに終わる明るい映画ではないし、勿論映画のポスターにあった「値札のついた命」にもあるとおり映画を見てない私にも、子供の人身売買の映画なんだなというのはポスターを見ただけで一目瞭然ですぐ察しがついたが…それからポスターを見てからだいぶ時間がたってから今年の5月末になってから、初めてこの映画を見た。近所の会員になってるツタヤでDVD
    をレンタルしてきて見たが、見終わって一口ではいい表せないほどの強い衝撃を受けた…パソコンのネットの中で「闇の子供たち」のwikipediaを見たら、この映画のテーマになってる「心臓移植」の権威と言われる大阪大学医学部の福島教授の説によれば、「日本で心臓移植ができない子供をタイで移植手術した例は1度もないし、ましてや子供の命を奪ってまで他の
    子供に心臓を移植するなどの行為自体にはたして収益があるのか?」と言下にこの映画の1つのテーマにもなっている「臓器売買」を否定しているが、因みに福島教授はこの映画の医療監修もしているが…ただ別のサイトでこの映画のモデルにもなったといわれる、「かものはしプロジェクト」という、今から何年前かわからないがこの映画に出てくる宮崎あおいが演じる音羽恵子のモデルになったんじゃないかと言われるまだ若い東大生3
    人によってつくられたNPOのホームページを見ると臓器売買はフイクションだとしても、もう1つのテーマの「子供の人身売買」や買春は今も現実にタイでおきている事実だということがわかった。私がこの映画を見て思うことはただ一つ人間の心には善もあれば悪もあり勿論根底には貧困が原因の場合が多いが1個人だけが「心」を善にコントローするだけでなく「国・行政・NPO」等が思いを一つにして必死になって取り組んでいけば必ずこういう悲劇は終息すると思う…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 闇の子供たち 関連商品