憐 Ren


人々を「有用」と「不要」に分け、居住地域さえも分けられた500年後の未来から「過去流しの刑」」で送られてきた囚人である少女、朝槻憐。憐は、学校と自宅以外では誰にも認識されない「孤独の刑」を与えられていた。周りの人の記憶は未来世界のコンピューター「時の意思」によって操作されており、クラスメイトや祖母は憐が突然現れたことを疑わず、ずっと一緒に生活してきたと信じきっていた。しかしただ一人、成瀬玲人だけは違った。玲人は憐の存在を不思議に思いながらも惹かれていき、憐もただ一人学校の外でも自分のことを認識する玲人に、未来のことを話すように…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「憐 Ren」の舞台挨拶で一番残念だったのは主演の岡本玲さんがいなかったことです。馬場徹さん、中山麻聖さんはハイテンションで楽しませて…
やっぱり邦画好き…の感想を見る




「憐 Ren」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 憐 Ren 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「憐 Ren」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 憐 Ren 関連商品