GANTZ


就職活動中の大学生・玄野は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤を見かける。正義感の強い加藤は、線路上に転落した酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に、進入してきた電車に轢かれてしまう。次の瞬間、2人は見慣れぬマンションの一室にいた。そこには同じような人々が集められ



©2011「GANTZ」FILM PARTNERS


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「GANTZ」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 GANTZ 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「GANTZ」感想・コメント



One thought on “GANTZ

  1. 英語教師 さま

    GANTZ主人と小2の娘と一緒に見に行きました。漫画原作は批判されがちですが,原作を読んでいないので,何の先入観も持たずに,鑑賞することが出来ました。
    キャスティングに関しては二宮さん,松山さん,本郷さんは文句なしですね。演技も上手で役柄にあっていたと思います。特に玄野役の二宮さんが最初はフリーターの誠冶君のようにさえない若者でしたが,GANTZスーツを着て,その力に驚きながらもだんだん覚醒していく姿を表情で見事に演じていましたね。相手をにらみつける悪に染まった視線にぞっくとしました。欲を言えばもう少し時間をかけて覚醒する姿を描いて欲しかったけど,二時間という枠の中では難しいですよね。

    CG効果も悪くないと思います。これまでのCGに比べるとかなり改良されていると思いました。
    戦闘シーンはテンポが少し悪いなと思いました。まともに戦っていたのは玄野だけで後はあまり戦っていなかったような。でもこの作品は二部作なので,予告編を見ると第二部で本格的な戦闘シーンが見られそうです。若干不満があったものの相対的には楽しめました。この作品は戦闘シーンが見せ場だと思うので,本当の評価が下るのは第二部を鑑賞した後ですね。次が楽しみ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 GANTZ 関連商品