築城せよ!


2009年、過疎化がすすむ町・猿投(さなげ)に突如として現れた3人の戦国武将。彼らは400年前、自分の城を完成できずに無念の死を遂げた侍の霊だった。殿様の「築城せよ!」という号令の下、町おこしを願う住民たちを巻き込んで、壮大かつ無謀なプロジェクトが立ち上がる。しかも素材は段ボール!残された時間はたったの3日。意味不明の号令と傍若無人な振る舞いに、住民たちの間で不協和音が流れる中、ひたむきに築城に打ち込む殿様の姿に、大学生・ナツキを中心にして、いつしか住民たちの心も一つにまとまっていく…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「築城せよ!」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 築城せよ! 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「築城せよ!」感想・コメント



2 thoughts on “築城せよ!

  1. こんにちは。
    時期遅れですが、先日お城のお庭で観賞してきました。
    発想の斬新さと人の温かさが満載で、いい映画を観たなぁ…と。
    みんなでつくった映画!こういうのもアリだと思いました。

  2. まっちゃん さま

    築城せよ! 3回観ました。古波津監督アッパレ! 真面目に作られた、楽しく感動的な映画でした。片岡愛之助、最高! 最初に観た時はストーリーが面白く、愛之助が格好良く、最後まで退屈せず観れました。終わってからの余韻がとても心地よかった。エンディングのテーマ曲も良かった。 プログラムを買って、じっくり読みました。なるほど、そういうことかと、後から気が付くことが多く、もう一度観たくなりました。日を改めて2回目観ました。私は愛之助のファンですが、知らなかった俳優さんたちに注目しました。ナツキ役の海老瀬はな、良い意味で色気がなくて、健康的な女子大生で、とても好感を持ちました。ゴン役の木津誠之、舞台俳優なんですね。でも演技が自然で、自由な人を個性的に演じてます。町民役の片岡功、愛之助の従兄なんだ。味があり、インパクトの強い俳優です。武将姿も見てみたいです。大工役の小野進也、ワイルド7思い出しました。渋いおじさんになった。老人役の安宅忍、ベテラン俳優って感じ。時枝役の星光子、南夕子隊員だったんだ。スナックのママ役の佐々木秀実、男性シャンソン歌手?女優だと思った。見たことのない俳優が多かったけど、みんなリアルで役にハマッテました。エキストラも、とても自然です。オーディションしたのか、みんな俳優みたい!売れてる俳優が、小手先で演じてる薄っぺらな映画やドラマが多い中、久々の熱い思いの集合を感じました。
    友達に感想を話したら、早速観に行くというので、付き合って3回目、観ました。色々分かってて観ましたが、最高に感動しました。音楽も良かったので、サントラのCDも買いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 築城せよ! 関連商品