『乱暴者の世界』初日舞台挨拶レポート


青春ドラマのスタイルを借りながら、ストーリー展開が最後まで読めない斬新なプロットである『乱暴者の世界』。2010年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭では、プレミア上映され、観客から絶賛された本作が、遂に劇場公開致しました。10月9日(土)公開初日、シアターN渋谷にて出演者の林野健志、黒澤ゆりか、秋山真太郎、中田圭監督による舞台挨拶が行われました。







【登壇者コメント】

  
◆林野健志 戸田恵介 役
生年月日:1980年1月5日 出身:福岡県
《代表作》
舞台:『テニスの王子様』(07)知念役、『フェイス お気に召すまま』(07)、『桜SAKURAサクラ』(09)など
【コメント】
今日のこの日、皆さんに楽しんでいただくために、撮影を頑張ってきました。
自分が演じた戸崎と、高橋さん演じた倉田は全然性格が違うけれど、価値観の違う二人がどうやって相手を思いやれば一緒にいられるのか、ということを描いた映画です。大ゲンカをして倉田に初めてぶつかっていくシーンが好きなので、ぜひ注目してみてください。こんな恋愛したいな、と思ってもらえたら嬉しいです!
  
  

◆黒澤ゆりか あゆみ 役
生年月日:1988年10月14日 出身:千葉県
《代表作》
舞台:『黒革の手帖』(明治座)、ミュージカル『GANG2010』等。
【コメント】
林あゆみ役を演じました黒澤ゆりかです。今日はお忙しい中お越しくださりありがとうございます。
脚本を読んだ時に、純粋にこの世界に引き込まれました。今回自分が演じた3人の人格がキーポイントで、一つ一つの人格をしっかりと考えないといけないなと思いました。何か感じられる作品になっていると思います。自分の世界ってどんなだろうと考え、糧にして貰えたらと思います。
  
  

◆秋山真太郎 カミオ 役
生年月日:1982年7月8日 出身:長崎県
《代表作》
舞台:「KILL THE BLACK」「六惡党」,映画『RYTHM』(05),『人間図鑑』(07),『地球でたったふたり』(07)他
現在、EXILE LIVE TOUR 2010 “FANTASY”サポートメンバーとして出演。映画『ネムリバ』(10),劇団EXILE華組×風組合同公演「ろくでなしBLUES」(10)(原作:「ろくでなしBLUES」 森田まさのり 集英社 刊)の出演を控えている。
【コメント】
カミオ役の秋山真太郎です。今日は雨の中お越しくださりありがとうございます。
最初は恵介役でお話を頂いたのですが、脚本を読んでいくうちに、カミオ役の方が自分に合うのではないかと思いました。途中で林野さんと演じる役が入れ替わったのですが、パラレルワールドを操る人間という事で、演じるのは相当難しいなと、相当な覚悟が必要だと思いました。(作品内容にちなんで)もし自分の思い通りにできる世界に出来るとしたら、戦争とか政治的に入れない地域のカルチャーにいつでも簡単に触れられる世界にしたいです。
  
  

◆中田圭 監督
生年月日:1969年  出身:神奈川県
2000年に『ワイルドナイト』で劇場監督デビュー。
《代表作》
代表作は、『LADY DROP』(03)、『ワル 序章』(04)、『剣-TSURUGI-』(05)、『拳-FIST-』(09)など。俳優として、『新宿インシデント』など多数に出演するほか、字幕翻訳、ラジオパーソナリティ、映画書籍の執筆など多彩な活動を展開している。
【コメント】
この雨の中、お越しくださりありがとうございます。監督を務めさせていただきました中田圭です。
元々この作品はオリジナルの脚本があるのですが、今の時代にマッチした世界観になっているので、生半可な気持ちでは出来ないなと。結構大変でしたが、オリジナルのいいところを持っていきながら自分なりに解釈させていただいて、完成できました。
  
  









■イントロダクション

主演の超能力者・カミオ役に、国民的人気グループ・EXILEの弟分でもある若手演劇チーム・劇団EXILE華組の秋山真太郎。舞台を中心とする演技的実力はすでに大物の風格を漂わせ、本作ではその卓越した演技力で複雑な主人公を見事に体現。カミオに闘いを挑む恵介役に、舞台版『テニスの王子様』等で人気を誇る身長193cmの大型俳優・林野健志。誰にでも親しまれる自然体の青年が、社会から閉め出されながらも、最後には立ち向かう姿を力演。2人のイケメン若手俳優のダブル主演に加え、両者の世界で二面性をみせるヒロイン・あゆみ役に、黒澤ゆりか。i-Phoneアプリでアクセス1位を誇るアイドルとして注目され、舞台『黒革の手帳』、木下優樹菜主演のショート・フィルム『ゆっきーな』などで女優としても活躍。本作で映画初主演を飾る。監督は中田圭。香港映画界ではジャッキー・チェン、スー・チーらワールド・ワイドなスター俳優との共演を重ねる俳優としても活躍。アジア映画評論でも定評があり、『ワイルドナイト』(00)で監督デビュー以後は、『剣-TSURUGI-』『ワル 序章』『拳-FIST-』などのアクション映画で人気を博す。本作ではこれまでの作風から一転して、ドラマ性を重視した演出で新境地を見せた。脚本とプロデューサーは、国内外で高く評価された『ポチの告白』『GOTH』の監督・高橋玄。自身のオリジナル・ストーリーによるアマチュア時代の同名8mm映画を大幅にリライトし、新たなスタイルの青春ドラマを生み出した






映画『乱暴者の世界』DATA

  
出演:林野健志/黒澤ゆりか/秋山真太郎/山本正之/阿部由輝子/崔哲浩/島田淳/可野浩太郎/友田安伊子/増田久美子吉見麻美/鳥井賀句/枯葉マナコ/戸川昌子 
製作:由佐武夫/高橋玄 プロデューサー/脚本:高橋玄 監督:中田圭 撮影:井出情児 照明:小川満 編集:船迫誠
協力:モザイク銀座阪急/任天堂/バンダレコードkiwa/錦とツル/青い部屋 協賛:株式会社タカラトレーディング
配給:フリーマン・オフィス 
108分/カラー/ステレオ作品 (C)GRAND CAFE PICTURES Corporation All Right Reserved.

  
10月6日(土)よりシアターN渋谷ほか全国順次ロードショー!



資料提供:フリーマン・オフィス様より




「『乱暴者の世界』初日舞台挨拶レポート」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 『乱暴者の世界』初日舞台挨拶レポート 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「『乱暴者の世界』初日舞台挨拶レポート」感想・コメント




Amazon商品検索:

映画 『乱暴者の世界』初日舞台挨拶レポート 関連商品