香港映画『カンフーサイボーグ』 2011年新春、1月 シアターN渋谷ほか全国順次公開!


チャウ・シンチー主演『チャイニーズ・オデッセイ』の監督や、『恋する惑星』『天使の涙』等、ウォン・カーウァイ作品の製作者としても知られる香港の鬼才ジェフ・ラウが、中国本土と組んで、ここぞとばかりお得意のパロディー精神を炸裂、『トランスフォーマー』や「鉄腕アトム」を意識した造形をちりばめ、自身が製作した『カンフーハッスル』を一段超えたロボット・クンフー・アクションに作り上げた。主演は香港の人気アイドルスター、アレックス・フォン、『レッドクリフ』のフー・ジュン、『インビジブル・ターゲット』のウー・ジン。CGを『少林サッカー』『キル・ビル』などを手がけたアジアを代表するスタジオ、セントロ・デジタル・ピクチャーズが担当している。



カンフーからメガロボットへ 究極トランスフォーム!

これが『トランスフォーマー』への香港アクションからの返答だ!
 

『カンフーサイボーグ』

 

2011年新春、1月 シアターN渋谷ほか全国順次公開!


 

09年東京国際映画祭正式出品作品




■ストーリー

西暦2046年。田舎の警察署長タイチョンの元に、政府が開発したサイボーグ警官、K1が極秘配属される。署内唯一の女性警官ムイは彼に胸をときめかせるがタイチョンにはそれが面白くない。徐々に田舎の生活に溶け込んでゆくK1の前に、彼と同様に開発されながら自己の意識に目覚め研究所を逃走した新型サイボーグK88が現れる。巨大ロボットと化して戦う2人の死闘の最中に、巻き込まれたタイチョンが殺されてしまう。K1はタイチュンの死を隠すために、彼をロボット化してしまった・・・・・・。




監督・脚本:ジェフ・ラウ  
出演:アレックス・フォン、フー・ジュン、ウー・ジン、エリック・ツァン
2009年/香港映画/103分/シネスコ/広東語/デジタル/ドルビー
© 2010 National Arts Films Production Limited
配給:竹書房 




「香港映画『カンフーサイボーグ』 2011年新春、1月 シアターN渋谷ほか全国順次公開!」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 香港映画『カンフーサイボーグ』 2011年新春、1月 シアターN渋谷ほか全国順次公開! 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「香港映画『カンフーサイボーグ』 2011年新春、1月 シアターN渋谷ほか全国順次公開!」感想・コメント




Amazon商品検索:

映画 香港映画『カンフーサイボーグ』 2011年新春、1月 シアターN渋谷ほか全国順次公開! 関連商品