太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男


1944年、太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンにアメリカ軍から“フォックス”と呼ばれ、畏れられたひとりの日本人がいた。大場栄大尉。男は最後、47人になりながらも仲間の兵士たちと共に、16ヶ月もの間、敵に立ち向かい




©2011「太平洋の奇跡」製作委員会


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」感想・コメント



One thought on “太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男

  1. A.Fujita さま

    感動の作品です。平和ボケした現日本社会ではなかなか理解できないでしょうが、事実65、6年前にはこのような状況にさらされていた現実を垣間見た様に思います。私の祖父も軍人で、内地本土防衛の大隊長として部下や駐屯先の民間人を従え終戦を迎えたらしいです。場所や人数の違いがあれど、部隊の責任者として祖父と重ね合わし、共に当時を生き抜いた偉大な先人だと敬服します。そして、この大戦で散っていかれた310万人超の方々の犠牲の上に今の我々が在ることを絶対に忘れてはならない。二度とこんな戦争にならないように、日本は小国であり資源が無いことを念頭において、絶対戦争に巻き込まれないように攻めてこられないように近隣の不穏な諸外国以上の防衛体制を誇示し、堅い外交力で資源を安定入手する構造を保つことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 関連商品