さよなら夏休み


1977年7月、主人公の少年・裕史 (11) はある日、母親の事情で東京から郡上八幡にあるお寺に預けられる事になる。見知らぬ土地で母親に置いていかれてしまった裕史は、絶望と悔しさ、その孤独に心を閉ざしてしまう



©「さよなら夏休み」製作委員会


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「さよなら夏休み」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 さよなら夏休み 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「さよなら夏休み」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 さよなら夏休み 関連商品