不倫純愛


出版編集部で編集長として働く辰波京介。やりがいある仕事、美しい妻の真知子を持ち、充実した日々を送っているように見えた。しかし、妻を愛しているものの、15年を超える結婚生活は倦怠期を迎え、夜の営みが重荷となっていた。そんな折、新進気鋭の作家・岡セイジの自宅を訪れ、セイジの恋人・川島澪香と出逢う。



©2011年「不倫純愛」製作委員会


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「不倫純愛」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 不倫純愛 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「不倫純愛」感想・コメント



One thought on “不倫純愛

  1. サムライ さま

    原作を読んで劇場に行った人はどれくらいいるのだろうか?私は失礼ながら川島澪香を演じた嘉門洋子のヌードには興味がなかった。それよりも原作では 澪香との不倫に溺れた京介(津田寛治)の妻である真知子が若手作家の岡セイジに寝取られてしまう描写に興奮してしまった。映画ではそのあたりがどうなのか期待したが 真知子を演じた中村優子が濡れ場を演じたというニュースもなかったので もしや?と思ったら案の定ありませんでした。せいぜいキスシーンどまり。嘉門洋子ファンにはオススメかも知れません。 ちなみに岡セイジを演じた河合龍之介は向井理似のイケメンで原作のイメージからかけ離れています(笑)
    全体的に出来映えがいいとは言えませんが私はこの作品で中村優子が好きになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 不倫純愛 関連商品