蟹工船


船上で蟹の缶詰を加工する蟹工船。そこでは出稼ぎ労働者たちが劣悪な環境におかれ、安い賃金で酷使されていた。鬼監督・浅川は労働者を人間扱いせず、非道のかぎりを尽くしたが、労働者たちは過酷な労働に疲弊し、絶望の中、ただ言われるがままに働いた。しかし、労働者の一人・新庄がそんな環境に慣れてしまった労働者たちに「自分たちが変わらなければ何も変わらない!」と提起をし、労働者をまとめ支配者・浅川監督に立ち向かった…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

物語前半、とても重厚感ある描かれ方がされていて一気に映画「蟹工船」の世界に引き込まれました。この重厚な雰囲気が続くかと思いきや、ファンタジー色も加えコミカルな…
やっぱり邦画好き…の感想を見る




「蟹工船」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 蟹工船 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「蟹工船」感想・コメント



2 thoughts on “蟹工船

  1. ときお さま

    カメラがゆらゆらする撮影の仕方、これらは全体に影響している作品。
    まともな本を読まないSABU監督がシナリオを書くなんて信じられません。
    アート指向の強い人ですから原作を手つけるなと云いたい。

  2. 万田海斗 さま

    凄まじい過酷さ
    生き地獄
    精悍な優作の師弟がまた豪快な役を遂げる

    昔あり得た汗と涙と出血

    これら、今まさに 団結の意味と、平和のおだやかさの内容を何度も噛み締めたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 蟹工船 関連商品