映画「クロエ」名越康文さんトークショーレポート


カンヌ国際映画祭グランプリ作『スウィート ヒアアフター』『秘密のかけら』など世界中の映画ファンを魅了してきたカナダの鬼才アトム・エゴヤン監督最新作で、ジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン、アマンダ・セイフライドが夢の競演を果たした禁断のサスペンス『クロエ』が、5/28(土)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開致します。このたび公開に先立ちまして、20代~30代の女性に支持されているファッション雑誌「25ans」とタイアップした特別試写会を開催致しました。


本作は、人も羨むような幸せな人生を歩んできた妻が、いつしか孤独と焦燥に蝕まれ、夫の愛を信じられなくなり、若く美しい娼婦クロエを雇って夫を誘惑させるという禁断のサスペンスです。本作で描かれる、女性なら一度は感じる孤独感と焦燥感、そして愛する人への疑惑と嫉妬といった女性のデリケートな深層心理について、鋭い分析力で支持を得る精神科医・名越康文さんに解説して頂き、また「25ans」の読者モデル(通称:ビューティメダリスト)たちをお招きして、名越さんに女性のリアルな悩みを直接ぶつけて頂きました! とても華やかな内容となりました。


ジュリアン・ムーア  リーアム・ニーソン アマンダ・セイフライド
鬼才アトム・エゴヤン監督 最新作

女性のリアルな悩みを紐解く!!映画『クロエ』

精神科医・名越康文さん×読者モデル

トークショー付特別試写会レポート



開催日程: 4月18日(月) 
場所: ブロードメディア・スタジオ月島試写室 (中央区月島1-14-7)
登壇者: 名越康文さん(精神科医)/「25ans」読者モデル



コメント
■名越康文さん(50)

場内は、若い女性のお客さんで満席。MCに映画の感想を聞かれ、「不思議な雰囲気の映画。人と人が深く出会うとき、自分じゃない自分が現れる、という瞬間を描いている映画ですね」と感想を述べる名越さん。
「25ans」の読者モデル(通称ビューティメダリスト)が登場し、早速トークショーが始まる。
「人も羨む生活を送っていても、ジュリアン・ムーア演じる主人公のようにデリケートな心理に陥ってしまうのは、年齢に関係するのでしょうか」という質問に対し、
「臨床的には関係するけれども、(年齢にかかわらず)社会的に成功して羨ましいと思われている人は孤独である、ということを描いていますよね」と分析。
また「一般的には女性は浮気をされたとき、男性を紛糾するか、相手の女性への嫉妬に狂いますが、劇中では、夫の愛を確かめるため、若く美しい娼婦クロエを雇って夫を誘惑させるという行動に出ます。この主人公の心理は?」という質問に、
「“夫の全部を見ていたい”、“スリルを感じたい”という誰しもが持っている心理の表れである」と鋭く分析した。
「ある程度年月を重ねていくうちに、次第にセックスレスになりすれ違いが生じていくのは、本作だけでなく多くの方が抱えている問題だと思いますが、この危機を乗り越えるにはどうしたら良いでしょうか」という女性ならではのリアルな質問に対する、
「相手が疲れているとき、しんどそうなときは、たいてい自分も疲れていたりしますが、そんなときに一言声をかけると、だいぶ違ってくると思います」という、ためになる言葉に「おおー!」と感嘆の声が止まない。
女性として素敵に年齢を重ねていくためには、「明るい気持ちのときに考えていることは現実的で、暗い気持ちのときに考えたことは全部妄想、という考え方のコツを覚えておくと良いと思います」という深いアドバイスには、客席の女性たちが大きく頷いた。
最後に、震災で心を痛めている人々に対して「日本はこれから長い期間苦労すると思うけれど、長期戦のときには目の前のことをひとつずつやることが大切」とアドバイスし、「この映画は、美しいだけでなくサスペンス要素があって、現実を忘れてふっとリラックスできる、気分転換には最上の映画」とメッセージを送った。



名越康文(なこしやすふみ)
1960年生まれ。精神科医。専門は思春期精神医学、精神療法。大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神科医療センター)にて精神科緊急病棟の設立、責任を経て。99年同病院を退職。引き続き、臨床に携わる一方で、テレビ・コメンテーター、雑誌連載、映画評論、漫画分析など様々なメディアで活動をしている。



映画 『クロエ』 DATA

カンヌ映画祭グランプリ作『スウィートヒアアフター』、『アララトの聖母』、『秘密のかけら』など、哀しくも切ない“愛”のかたちを描き続けるカナダの鬼才アトム・エゴヤンの最新作で、セクシャルな妄想と禁断の冒険を赤裸々に描いた誘惑と官能のサスペンス。出演は、演技派女優ジュリアン・ムーア、『マンマ・ミーア!』『ジュリエットからの手紙』等その美貌と確かな演技力で今世界が最も注目している新星アマンダ・セイフライド、『シンドラーのリスト』『96時間』の名優リーアム・ニーソン。
劇中、ジュリアンとアマンダが魅せる、まさに体当たりの美しくも衝撃的な艶技は、すでに各方面で大きな話題となっている。

5月28日(土) TOHOシネマズ シャンテ 他 全国順次公開!




監督:アトム・エゴヤン『スウィートヒアアフター』『秘密のかけら』
出演:ジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン、アマンダ・セイフライド
2009年/カナダ・フランス・アメリカ合作/原題:CHLOE/カラー/上映時間96分/ビスタサイズ/ドルビー・デジタルR15/日本語版字幕翻訳:岡田壮平
配給:ブロードメディア・スタジオ/ポニーキャニオン
後援:カナダ大使館
(C) 2009 Studio Canal All Rights Reserved.
資料提供:フリーマン・オフィス様より




「映画「クロエ」名越康文さんトークショーレポート」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 映画「クロエ」名越康文さんトークショーレポート 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「映画「クロエ」名越康文さんトークショーレポート」感想・コメント




Amazon商品検索:

映画 映画「クロエ」名越康文さんトークショーレポート 関連商品