『ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-』 2011年12月17日(土)公開!


愛と暴力、セレブ社会と裏社会。光と闇のように、相反する世界が交錯する現代ロンドンを舞台にし、過去と決別し自由を得ようとした者たちの物語


監督・脚本は『ディパーテッド』でアカデミー脚色賞を受賞したウィリアム・モナハン。ノワールの詩人と呼ばれる作家ケン・ブルーエンがハリウッド映画の名作『サンセット大通り』を下敷きに書き上げた小説を脚色し、コリン・ファレル、キーラ・ナイトレイの英国2大スターを迎えて自ら監督も手掛けた。愛と暴力、セレブ社会と裏社会、現代ロンドンの光と闇とも言うべき対照的な二つの世界が交錯し、物語は加速していく。スタイリッシュな映像を人気UKロックバンド、カサビアンのセルジオ・ピッツォーノのオリジナル曲に、ヤードバーズやザ・ローリング・ストーンズの名曲が彩るブリティッシュ・ノワールの快作が誕生した。自由を得るため、女を守るため、孤高の元ギャングは強大な暴力に立ち向かう。



コリン・ファレル×キーラ・ナイトレイ共演!


『ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-』



『ディパーテッド』脚本
アカデミー賞受賞監督が原題ロンドンを舞台に描く
熱く、危険なブリティッシュ・ノワール!


ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-

2011年12月17日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開!





映画 『ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-』 あらすじ

3年の刑期を終え、出所したミッチェル(コリン・ファレル)は、裏社会から足を洗うことを考えていた。 そんな時、ふとしたことから今だパパラッチに追われている元女優シャーロット(キーラ・ナイトレイ)の ボディガードを務めることになるが、かつてのギャング仲間からの荒い仕事も断りきれずにいた。そんな彼の仕事ぶりがギャングのボス・ギャント(レイ・ウィンストン)の目に止まり、ミッチェルを仲間に引き入れようとする。手段を選ばないギャントの魔の手は、ミッチェルはおろか周囲の人間にまで迫っていく…。


ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-
ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-


映画 『ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-』 DATA

監督:ウィリアム・モナハン(『ディパーテッド』脚本)
原作:ケン・ブルーエン「ロンドン・ブールヴァード」(鈴木恵 訳/新潮文庫刊)
出演:コリン・ファレル、キーラ・ナイトレイ 、レイ・ウィンストン
音楽:セルジオ・ピッツォーノ(カサビアン ギタリスト兼ソングライター)
2010/イギリス/ビスタサイズ/英語/104分
(C)2010 GK FILMS, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://www.london-boulevard-movie.com/

資料提供:フリーマン・オフィス様より




「『ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-』 2011年12月17日(土)公開!」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 『ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-』 2011年12月17日(土)公開! 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「『ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-』 2011年12月17日(土)公開!」感想・コメント




Amazon商品検索:

映画 『ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-』 2011年12月17日(土)公開! 関連商品