ラストゲーム 最後の早慶戦


青い空の下、グラウンドで無心に白球を追いかける若者たち。1943年、太平洋戦争が彼らから青春の日々を奪おうとしていた。「野球は敵国アメリカのスポーツだ」と六大学野球が廃止、さらに学生に対する徴兵の猶予が停止、彼らはバットを捨て、銃をとらねばならないのだ。しかし、早稲田大学野球部顧問の飛田穂洲は、出陣のその日まで学生たちと野球を続けると誓う…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

私は、早稲田でも慶応でもありません。でもクライマックスの両校が唄う校歌のシーンでは感動が最高潮に達しました。さすが神山征二郎監督…
やっぱり邦画好き…の感想を見る




「ラストゲーム 最後の早慶戦」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 ラストゲーム 最後の早慶戦 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「ラストゲーム 最後の早慶戦」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 ラストゲーム 最後の早慶戦 関連商品