火垂るの墓


6月神戸全域を襲った空襲で病身の母を亡くし、父は出征したまま途絶え、清太は妹・節子とともに西宮の遠い親戚宅で世話になることになった。だが、おばさんの冷たい仕打ちに耐えられず清太は節子を連れ、その家を出て防空壕の中で二人だけの生活を始める。日に日に悪化する戦況とともに、やせ細っていく節子…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「火垂るの墓」ですが、戦争に対する恐怖より、生き抜くことができるかという恐怖を感じる映画でした。もし兄妹の行き先がどこにも無かったら…
やっぱり邦画好き…の感想を見る




「火垂るの墓」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 火垂るの墓 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「火垂るの墓」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 火垂るの墓 関連商品