月光ノ仮面


戦後昭和22年。戦死したと伝えられた男が帰郷、男の正体は、戦前、人気・実力ともに認められた落語家”森乃家うさぎ”。だが男は一切の記憶を失くしていた。かすかな記憶を辿るように、男はただ空ろな口調で、得意としていた落語”粗忽長屋(そこつながや)”を呟くのだった――。



©2011「月光ノ仮面」製作委員会


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「月光ノ仮面」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 月光ノ仮面 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「月光ノ仮面」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 月光ノ仮面 関連商品