丘を越えて


男と女が越えて行く丘。江戸情緒を残す下町育ちの娘・葉子は菊池寛の私設秘書となった。社長室で、菊池は帯をずり落としそうにし、呟く。「僕は50才で死にます。それまでは僕のそばにいてください。」新しく創刊した雑誌「モダン日本」編集部では、母国の社会と文化の変革と野心を燃やす朝鮮の貴族出身の美青年・馬海松が、葉子を挑発する。葉子の心にふたりの男の思いが入り込んでくる…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「丘を越えて」ですが、昭和初期のモダンな映像が味わえる映画でした。原作は猪瀬直樹の「こころの王国」で、文藝春秋社社長・菊池寛を主人公とした…
やっぱり邦画好き…の感想を見る




「丘を越えて」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 丘を越えて 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「丘を越えて」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 丘を越えて 関連商品