一枚のハガキ


戦争末期。中年兵として徴収された男は、仲間の兵士から「今日はお祭りでが あなたがいらっしゃらないので 何の風情もありません。 友子」と記された一枚のハガキを託される。終戦後、そのハガキの送り主である兵士の妻を訪ねると、そこには夫の亡き後、たて続けに家族を失い、古家屋とともに朽ち果てようとしていた溢れるのは、すべてを失ってもなお、たくましく生き抜く人々の力の素晴らしさ。



©2011「一枚のハガキ」近代映画協会/渡辺商事/プランダス


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「一枚のハガキ」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 一枚のハガキ 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「一枚のハガキ」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 一枚のハガキ 関連商品