11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち


「仮面の告白」「金閣寺」「憂国」など、次々に話題作を発表し、人気絶頂期にあった文豪・三島由紀夫。時は学生運動全盛期。三島は文筆業の傍ら、民族派の若者たちを組織化し、有事の際には自衛隊と共に決起すべく訓練に励む。しかし、警察権力の前に、自衛隊は出動の機会すら得られない状況が続き、苛立ちを募らせる三島と楯の会の若き隊員たち。そして、ついに、決断の時が訪れる……。






詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」感想・コメント



3 thoughts on “11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち

  1. 2)日本男児・武士道としばしば繰り返す三島自身には実は・・川端康成のような日本文化の背景が日常生活から感じることが出来ない・・
    かれの選んだ女性がどうも・・作家らしく?恋焦がれたり愛が高まった上でのプロポーズ、接触ではないようである・・むしろ・・・彼はそういう意味ではむしろ冷静に?
    自分の目的とするものの為に女性を選んでいる・・
    さいしょの二人の一人は川端が養女にしていた文士?出版社関係の人物のところで働いていたという女性・・彼女の養母に申し出、即座に断られている・・
    あとは大きな料理屋さんの娘で大変、日本女性としてお客に仕える躾を伝承してきた見目麗しいおそらくは・・・?!芸者さん?との娘・・?!?
    三島は彼女との約4年の同棲で日本文化のおくゆかしさを表現した作品を書いている・・
    ただ・・・彼の史実を伝承する作品の中にどうも・・実際の江戸期の奥ゆかしさとともにある実に
    単刀直入で質実剛健な文化が渡来系がもたらした隠微な文化として描かれてるのは・・
    おそらく・・彼女の母親だかに色町の文化があったからではないか・・?!?
    日本女性も男性もそもそも神道系のペルソナは自然界の動物と同じく、
    健やかである・・(笑)
    「東洋」系の女性らと違い、目的の為にはどんな卑劣なことでもしたり
    許容するという文化がない為だと思われる・・
    根本的に男女の活躍の場を住み分けている・・
    女性は男性の踏み台にはされないし、ならない・・
    政治家で言うと・・菅夫妻のような夫婦関係をおもう・・
    「男女平等」平成以降から使われたこの言葉の元で、
    実は男性をそれまで安い賃金で使ってきた女性労働者並みの賃金で使い、
    女性には男性のような過酷な労働をも要求しはじめている・・
    公明党の厚生労働省の悪弊・・?!?

  2. 30歳未満の差があるルー大柴とそっくりの発声の三島「由紀夫」なる人物と
    20数才あとに生まれてくる鳩山由紀夫という細川元首相によく似た容貌の政治家との
    位置づけの仮定として・・・
    どうも・・・三島自決の翌年に米小委員会でウォオーターゲート事件そっくりにおこされるロッキード
    事件での「ピーナッツ」(そっくりサン?)100個の領収書証言というのが
    実はそっくりサン工作員引渡しnor情報に対する資金だったのではないか?!?
    鳩山兄「由紀夫」氏って・・オバマブームで日本へ成りすまし渡来人が殺到した民主党が
    逆転した選挙のときがありますが・・小沢氏が鳩山氏に無念の涙を流した時です・・・
    おそらく・・小沢氏、田中角栄・大平さんたちは
    全斗カン系テロリスト「東洋」テロ資本に日本のっとりを強要・恐喝されたのではないか??!?
    そっくりさん・・・・影武者として言われてるのが・・オバマ氏、北朝鮮の故・将軍様、そして・・・・
    今、前回の選挙戦スタートから「友愛」しかいわなくなった鳩山氏・・・
    他の人はどうも・・・成りすましがあまり上手ではない・・
    吉本の指示のもとで松竹の芸人やGHQやジャパン・アクションクラブ系の俳優らが致し方なく、
    成りすまし役を演じてるってことはないだろうか・・?!?

  3. 三島由紀夫事件を今まで一種のナルシズムと猟奇的な事件だとしか受け止めていませんでしたが
    阪神大震災以降の日本社会で起こっている海外からの国家・国民社会への侵略を思うとき、
    「警察機動隊」では守りきれない「自衛隊」という軍事機能があって始めて対抗できる国防というものを考えるきっかけにはなった・・
    ただ・・・三島由紀夫の実像というものが、この作品だけでは見え難い・・文学者人脈(*とくに、カトリック通じ国際的な交流をしていた伊藤整、二人がノーベル賞を受賞させようとした川端康成の人生)や石原プロの台頭や彼が自決した直後からの赤軍派事件など全斗カン系の国際テロの頻発が始まったことも考えるべきに思う・・・
    映画の三島は単純に新聞からの情報で国際時事の中での日本の行方を見ていたように描かれてるが
    実際、彼の*の交流と彼がどうして新聞ではなく映画界へと入らざるを得なかったかということ、
    その為にボディビルで鍛え、国際的な歴史起源の1つであるエジプトをモチーフにしたプロフィールのあるどうも・・・不可思議な杉山寧画伯の娘とも結婚したということ・・だけを鑑みても、新聞報道に対しての限界、自衛隊が置かれた状態がその時点で日本を取り巻いていた国際テロを国民に報道しがたい、しかも抵抗できないシステムが出来上がってしまっていた思いに至り、かつ、日本の古代からの日本神話が後世に伝えようとしたテロとの戦いの数千年来の歴史にまで思いをはせることにもなる・・(苦笑)
    なお・・・三島由紀夫氏の容貌と生まれ育った家庭や学習院ボーイだったことを考えても・・
    次の仮定が少なくとも成立しないだろうか・・・?!?
    1)赤紙で実は出征し、戦死した本人の後、ロシア系の混血の樺太在住だった官僚の息子に?
     三島由紀夫という日本男児と成り代わって、東大卒後、大蔵省銀行局に就職し、
     近衛と池田氏の元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち 関連商品