道 ―白磁の人―


日本が韓国を併合してから4年後の1914年、ひとりの日本人が京城(日本統治時代のソウル)にやって来た。名は浅川巧、23歳。林業技師として朝鮮の山々を緑に戻す使命を抱いた青年だ。日本人の多くが朝鮮人を蔑視し、日本の風習や価値基準を押し付ける中、彼は朝鮮語を学び、白磁に代表される朝鮮の文化や工芸品の素晴らしさを見出して行った。



©2012「道 ~白磁の人~」フィルムパートナーズ


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「道 ―白磁の人―」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 道 ―白磁の人― 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「道 ―白磁の人―」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 道 ―白磁の人― 関連商品