のぼうの城


天下統一目前の豊臣秀吉は唯一残された敵、北条勢を圧倒的軍勢で攻めようとしていた。周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々が平穏に暮らす「忍城」もその一つ。そんな中、



©2011『のぼうの城』フィルムパートナーズ


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「のぼうの城」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 のぼうの城 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「のぼうの城」感想・コメント



6 thoughts on “のぼうの城

  1. Jyunchanhana

    「時代考証」で気になる部分はあるが、それをカバーして余りある出来だ。日本人はぜひ観るべきです。CGも驚嘆する出来。

  2. 先日、のぼうの城を見た。感想を申し述べます。一言で言うと『原作を読んだ者にはもの足りなさすぎです。』映画自体は原作にほぼ忠実に組み立てられております。なぜ、歯ごたえを感じなかったのか。結論から言うとミスキャストではないか。特に石田三成、等大阪方の貫禄不足につきます。三成役に木村拓也あたりを配役すれば、又、違った映画になったと思われる。その他の俳優には問題はなかったので、惜しまれます。原作を読まずにこの映画を見た方には結構面白かったのでしょうね。私としては期待していただけに残念です。

  3. ziden-produce.

    とにかく見てみましょう。
    日本人の忘れがたき魂を見た思いがしました。
    笑えるし、泣けるし、感動するし、
    あと、鑑賞し終わって出てくるお客さん達の質にも注目。(なんとなく奥ゆかしさが)
    この映画を観るべくして集った人達かと思ったのは、私だけでしょうか。

  4. 映画は楽しめた。戦闘シーンが少し物足りなかった。映画初めになぜか野鳥の「コジュケイ」の
    声。時代は1590年のはず、しかしコジュケイが中国から日本に移入されたのは1919年
    329年も前の日本には絶対にいなかった野鳥だ。時代考証をもっとしっかりと。がっかりした。

  5. Xb12ss Kasai

    久しぶりに時代劇を見ました。
    痛快時代劇はいいですね。しかも、実話がもとになってます。 キャストの注目は、TBSアナウンサーです。
    子供から老人まで楽しめるのは時代劇ですね。

  6. 主演が野村萬斎。これだけで観る価値は十分だっ(>ω<)ゞ
    彼の人の「存在感」に内容は後から付いて来る。 ただね~(笑)チラシの文言、どうだろう。
    「500人の軍勢対2万の大軍の戦いの火ぶたが切って落とされた…!」
    火蓋を落としちゃダメでしょ!(笑)
    切って落として良いのは「幕」なんですがねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 のぼうの城 関連商品