【波瑠の心理を暴く!?】『BUNGO~ささやかな欲望~』公開直前イベントレポート


『BUNGO~ささやかな欲望~』公開に先立ち、作中の1編「幸福の彼方」で主役を演じた女優の波瑠さんと谷口正晃監督をお招きし、本作の魅力を語っていただきました。MCコトブキツカサによる得意の映画心理分析も行い、普段見せない波瑠さんの素顔を徹底解剖致しました!またハイブリット型総合書店hontoとのコラボ企画として、発売前の電子版映画パンフレットの中身も初公開致しました。




ハイブリット型総合書店honto × 『BUNGO~ささやかな欲望~』


昭和を代表する“BUNGO”(文豪)が残した傑作短編を、
将来を担うキャストと、気鋭の映像作家で描く、6つの恋物語-

波瑠の心理を暴く!?公開直前イベント!レポート







BUNGO ささやかな欲望



◆開催日程:9月24日(月) 
◆場所  :丸善丸の内本店3F 日経セミナールーム 
◆ゲスト :波瑠、谷口正晃監督  
◆MC   :コトブキツカサ(映画パーソナリティー)


  




【イベント内容】


  
女優・波瑠と谷口正晃監督をコトブキツカサが映画で心理分析し、
二人の素顔を徹底大解剖!!
またハイブリット型総合書店hontoとのコラボ企画として
本作の映画パンフレットを電子版のみで販売するにあたり、
発売前の電子版映画パンフレットの中身も初公開致しました。
  
大学時代に心理学を学び、根っからの映画好きでもあるコトブキツカサさんの心理分析によると
1番目に選んだ作品は「自分がどう見られたいか」
2番目に選んだ作品は「自分の根底にあるもの」
3番目に選んだ作品は「バランスをとる」とのこと。
  
波瑠さんが選んだ好きな映画3本は
「エターナル・サンシャイン」
「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」
「ライアーライアー」
この3本の心理分析結果は、
「恋愛をひきずらない」「自分を理解して欲しい願望が強い」「女優気質」。
  
診断結果を聞いた波瑠さんは
「こわい!!でも当たってるかも…」と驚きを隠せない様子。
  
谷口監督が選んだ好きな映画3本は
「真夜中のカーボーイ」
「流れる」
「晩春」
この3本の心理分析結果は、
「長いものには巻かれたくないタイプ」「自信がある」「ややマザコン気質」。
  
診断結果を聞いた谷口監督は
“マザコン気質”という結果に「そうかなあ」と苦笑いし会場を盛り上げていた。


  




【コメント】


  
■波瑠(21)
監督とは衣装合わせのときが初対面でした。
監督は、私が現場で、どうしたらいいか迷ってしまったりするのをすぐに見つけてくれるので
とても安心できました。
初日は茨城の大洗海岸での撮影で、すごく風が強くて大変だったのを覚えています。
(共演した)三浦貴大さんは、何をしても受け入れてくれる気がして
そんなに「ああしよう、こうしよう」とは考えませんでしたね。
初めて脚本を読んだときは、重要なずっしりくるシーンの連続だったので
大変そうだと思いましたが、監督が資料で戦時中のことをまとめたDVDや
アンジェラ・アキさんのラブソングをくださって、
向かう場所が明確になり、ありがたかったです。
夫婦の愛や親子の愛、愛の在り方って何だろうということを考えさせられる、
自分の大事な人と観てもらいたい映画です。

  
■谷口正晃監督(46)
ドコモのCMを見て、この人いいなと思っていたら『幸福の彼方』で
一緒に仕事をすることになって、とても嬉しい偶然でした。
波瑠さんは裏表がなくて、格好つけないところが格好いいですね。
(演技として)出てくるものが本物であることが絶対なのですが、
波瑠さんは現場の集中力が相当素晴らしくて“絹子がいる”ということが漲っていましたね。
『幸福の彼方』は傷をもっている若い二人の話なんですが
現代の男女の結婚は二人の「ゴール」だけれども、この時代は「スタート」なんですよね。
夫婦とか人との関係が今と違うところにあったんだと思います。
今の自分たちと照らし合わせて、こういう(人間関係の)人たちがいたっていうことを
描けるのはいい経験になりましたね。
こういう話を書いた林芙美子さんという偉大な作家へのリスペクトもありますし、
波瑠さんと三浦くんの芝居に自信あります!!





  



BUNGO ささやかな欲望

●『BUNGO~ささやかな欲望~』「見つめられる淑女たち」95分 作品紹介●


  
『注文の多い料理店』
・原作:宮沢賢治 ・監督:冨永昌敬 ・脚本:菅野友恵 ・キャスト:石原さとみ 宮迫博之 
  
猟の途中、山で迷子になった藤子と左右吉は、西洋料理店「山猫軒」を発見する。 「どなたもどうかお越しください。決して遠慮はありません」「ことに肥った方や若い方は、大歓迎いたします」 ―誰もが知っている名作古典を男女のラブストーリーにアレンジ。怖くて笑えて、ちょっとエッチな大人のドラマ!
  
『乳房』
・原作:三浦哲郎 ・監督:西海謙一郎 ・脚本:岨手由貴子 ・キャスト:水崎綾女
  
中学生の寛次は、最近、自分の乳房が膨らむ夢に悩まされている。実際にしこりもあり、触ると痛い。そんな時、夜間巡視の途中、ひとり髪を洗っている、理髪店の女主人・かな江の脇の下から形のいい豊かな乳房を見てしまう。以来、かな江の若い乳房が目に焼き付いて離れない。彼はあくる日、散髪にかな江の店に行くと・・・。―思春期の少年の悩みと、夫を戦争に取られた人妻の悶々とした心情を描いた人間ドラマ。
  
『人妻』
・原作:永井荷風 ・監督:熊切和嘉 ・脚本:宇治田隆史 ・キャスト:谷村美月 大西信満
  
町外れの家の二階を借りた桑田は快適な新生活を始めるが、若い桑田は家の主人の色っぽい妻・年子の“夫婦生活”が気になって仕方がない。快活で、親切で、豊満な年子を見て桑田は悶々とする。そんなある日、事件は起こる。浅野が留守の晩、桑田が帰宅すると、縄で縛られた年子がいて・・・。 ―男と女の情感を滑稽に描く名手、永井荷風の傑作をちょっとセクシーにコメディー化





●『BUNGO~ささやかな欲望~』「告白する紳士たち」108分 作品紹介●


  
『鮨』
・原作:岡本かの子 ・監督:関根光才 ・脚本:大森寿美男 ・キャスト:橋本愛 リリー・フランキー
  
常連客で毎晩のように盛り上がる「福ずし」の看板娘、ともよ。献身的に親を手伝うともよは、毎 晩のように現れる常連の中でも異色を放つ無口な中年紳士、湊に好意を寄せている。ある日、ばったりと遭遇した湊が、鮨にまつわる、亡き母との切ない思い出を語り出す・・・。―岡本太郎・実母の隠れた名作を映像化した感動作!
  
『握った手』
・原作:坂口安吾 ・監督:山下敦弘 ・脚本:向井康介 ・キャスト:山田孝之 成海璃子
  
映画館で衝動的にOL・綾子の手を握り、その手を握り返されたのがきっかけで、彼女と付き合うようになった内気な大学生・松夫。綾子はあのような時、誰に対しても握られた手を握り返すのではないか?不安に陥った松夫は、心理学の達人である女学生・水木由子の手をいきなり握るという「偉大な革命」を起こすのだが…。―“革命”のてん末を描いた悲喜劇。
  
『幸福の彼方』
・原作:林芙美子 ・監督:谷口正晃 ・脚本:鎌田敏夫 ・キャスト:波瑠 三浦貴大
  
戦場から片眼を失って戻って来た男・信一と見合い結婚した絹子。やさしい信一と幸せな結婚生活を送っていたが、ある日信一が告白する・・・「僕に子供がいるんだ。」絹子は自分の前途が薄暗くなったのを感じるが、信一のこどもと里親に会いに行く道すがら、電車の中でこども連れの家族と遭遇。悠々とした姿に感化され、前向きに生きていく決意をする。―女性の生き方や夫婦のあり方を問う感動作!







配給:角川映画 (C)「BUNGO ささやかな欲望」製作委員会  

『BUNGO~ささやかな欲望~』9月29日(土)より角川シネマ有楽町ほか全国順次公開




資料提供:フリーマン・オフィス様より




「【波瑠の心理を暴く!?】『BUNGO~ささやかな欲望~』公開直前イベントレポート」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 【波瑠の心理を暴く!?】『BUNGO~ささやかな欲望~』公開直前イベントレポート 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「【波瑠の心理を暴く!?】『BUNGO~ささやかな欲望~』公開直前イベントレポート」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 【波瑠の心理を暴く!?】『BUNGO~ささやかな欲望~』公開直前イベントレポート 関連商品