遺体 明日への十日間


2011年3月11日 14時46分18秒 マグニチュード9.0 最大震度7 国内観測史上最大規模の東日本大震災により発生した最大40メートルの津波が、東北地方と関東地方の太平洋沿岸部に壊滅的な被害をもたらしました。舞台となるのは岩手県・釜石市にある廃校となった中学校の体育館。釜石の地形は壊滅的な被害にあった地域と難を逃れた地域が、1本の川を挟んで2つに分かれています。災害が起きた当初、残された市民たちは津波の状況を出来ていない中で、同じ町に住んでいた人々の遺体を搬送し、検死、DNA採取、身元確認をおこなわなくてはならない状況となりました。犠牲になった人たちの尊厳を守りながら一刻も早く家族と再会させる、懸命に尽くしました。同じ被災者でありながら、つらい役割、現実をになわざるを得なかったのです。



©2013フジテレビジョン


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「遺体 明日への十日間」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 遺体 明日への十日間 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「遺体 明日への十日間」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 遺体 明日への十日間 関連商品