母の唄がきこえる


真冬の長野。廃止間近い、小さな鉄道路線がありました。廃止を知って、東京からそれぞれ帰って来る姉と妹。実家には父が一人で暮らしておりました。その昔姉妹は父との確執から故郷を離れ、長年帰っていませんでした。電車の車窓にながれゆく懐かしい故郷の姿を見ながら、姉と妹は父や亡き母などの思い出を胸に、生まれ育った家へと向かいます。



©『母の唄がきこえる』製作委員会


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「母の唄がきこえる」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 母の唄がきこえる 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「母の唄がきこえる」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 母の唄がきこえる 関連商品