図書館戦争


かつて自分と本を守ってくれた図書隊員を“王子様”と憧れて入隊してきた新人女性隊員。想い込と運動神経だけで入ってきた彼女を待っていたのは鬼のような教官だった。それから鼻持ちならないエリート同期にヘコまされたかと思えば、ズバぬけた情報収集能力を持つ同期に救われたり、優しい上官に褒められたかと思えば、鬼教官に叱られるといったようなデコボコの日々が続いていく。



©“Library Wars” Movie Project


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「図書館戦争」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 図書館戦争 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「図書館戦争」感想・コメント



One thought on “図書館戦争

  1. 昨日観に行きました。
    始まってすぐからの堂上と笠原の掛け合いは、映画館なのに笑いそうになっちゃいました。そんな二人を見守る小牧もいい味出してました。
    後半の息詰まるような攻防戦は、少し長くて、生々しい印象を受けましたが、それが最後の二人の想いにつながり、素晴らしかったです。
    そして、最後のシーンは続きを期待さすような。楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 図書館戦争 関連商品