シャニダールの花


極少数の限られた女性の胸にだけ、見たこともない世にも美しい花が咲くという不思議な現象が起こっていた。満開時に採取されたその花の成分は、画期的な新薬の開発に繋がるとされ、億単位で取引されていた。シャニダール研究所に勤務する植物学者の大瀧とセラピストの響子。日々、研究に追われている彼らの使命は、提供者の胸に芽吹いた花を育て、一番美しい形で採取させることであった。



©2012「シャニダールの花」製作委員会


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「シャニダールの花」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 シャニダールの花 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「シャニダールの花」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 シャニダールの花 関連商品