旅立ちの島唄 ~十五の春~


中学3年生になったばかりの仲里優奈。父はさとうきび農家を営み、母は兄や姉が進学するときに那覇に渡ったままなぜか戻ってこない。家族は既に壊れかけていた。優奈も1年後には高校進学のために島を出なくてはならない。ずっとふたりきりだった父と残されたわずかな時間、父をひとり残して那覇へ行く罪悪感、那覇での暮らしの不安と憧れ、淡い初恋、そして家族みんなで一緒に暮らしたいという想い……。おとなになるには早すぎる年齢で人生の岐路に立つ15歳の春を迎えるまでの、父と娘、母と娘の1年間が丹念に描かれる。



©2012「旅立ちの島唄 ~十五の春~」製作委員会


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「旅立ちの島唄 ~十五の春~」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 旅立ちの島唄 ~十五の春~ 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「旅立ちの島唄 ~十五の春~」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 旅立ちの島唄 ~十五の春~ 関連商品