姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)


昭和27年、東京、夏。由緒正しい産婦人科の久遠寺医院にまつわる不気味な噂が世間を騒がせていた。院長の娘・梗子が、妊娠20ヶ月目を迎えるのに、一向に出産する気配がない。しかも梗子の夫で久遠寺家の婿養子・牧朗は、1年半前に密室から失踪したというのだった。さらに、医院で生まれた新生児が、次々と姿を消した――。



©2005「姑獲鳥の夏」製作委員会


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 姑獲鳥の夏(うぶめのなつ) 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 姑獲鳥の夏(うぶめのなつ) 関連商品